【女性のワキガ】おすすめワキガ制汗剤

ワキガ制汗剤のおすすめ

風呂上がり、もう脇が臭い・・・

風呂上がりもう脇が臭い・・・という指摘を家族・子供からされてしまい、臭いケアをどうしていいのものか困っている・・・

という方もいるのではと思います。

ワキガ、体臭があったとしても、臭いの原因となる汗、雑菌を綺麗に洗い流しているハズのお風呂上がりに「臭い」と言われてしまっては頭を抱えてしまいますよね。

風呂上がりに脇が臭いなんて、あとはどんな臭いケアをしたら良いんだ・・・

実は風呂上がりにもう脇が臭い、汗臭い、酸っぱい臭いがする、といったような場合にはしっかりと洗えていない可能性や、かえって体臭を悪化させてしまっている可能性があります。

お風呂上がりにワキガ臭がする、すぐに汗臭いと言われてしまう場合のお風呂の入り方、臭いケアについて解説をしています。

臭いが消えているはずのお風呂あがり、臭いと言われる方はぜひ参考にしてみてください。

お風呂に入ってもワキガ、体臭が消えないのはどうして?

お風呂でワキガ対策、臭いケア

せっかく体を綺麗にできる、臭いもサッパリと洗い流せるお風呂に入ったとしても、正しく体を洗えていないと臭いが残ってしまいます。

雑菌も残ってしまっているかもしれません。

お風呂あがりは体も温まっていることも多いですから、じんわりと風呂上がりに汗をかくと・・・すぐに臭い!ということになってしまいます。

臭いをちゃんと消せないお風呂の入り方、シャワーになっているかも?

せっかくお風呂に入るのですから、臭いをしっかり消せる洗い方をする必要があります。

確認してみてください。

シャワーだけで済ませている

普段からシャワーだけで済ませている、という方も多いと思います。

また、暑い夏の日はシャワーでサッと済ませている、という方もいらっしゃるでしょう。

シャワーだけで済ませている場合、汚れ、臭いの元となる雑菌などをしっかりと洗い流せていない可能性があります。

シャワーだけだと体臭が落ちにくいため、実はワキガ、体臭の悩みを持つ人は湯船に浸かって、しっかり体を温めて汗をかいたほうが良いんです。

汗と一緒に、雑菌も排出されていきます。

湯船に入るのは面倒・・・という方も、臭いがキツくなる夏こそ、湯船に浸かった方がワキガ対策、体臭ケアには良いということになります。

ゴシゴシ洗いすぎている

ゴシゴシ洗いすぎていませんか?

しっかり力を入れて洗った方が臭い、汚れが落ちる気がする、というのは本当に気がするだけで実は臭いを悪化させている可能性が高いです。

ゴシゴシ洗いは肌を傷つけてしまうかもしれませんし、そうなると肌のバリア機能も低下してしまいます。

すると、臭いの元となる雑菌が繁殖しやすくなってしまう可能性もありますし、皮脂が過剰分泌されるようにもなります。

お風呂で体を強く洗い過ぎている、ゴシゴシ洗いをしている場合には丁寧に優しく洗うように洗い方を変える必要があります。

ちゃんと泡立てて洗えていない

せっかくお風呂に入っても、臭いが出やすい部分をしっかりと洗えていない可能性があります。

石鹸を泡立てて、臭い成分が分泌される場所を洗えているか、確認した方が良いかもしれません。

脇、首の後ろ、頭、顔、足の裏、足の指の間などもしっかりと泡立てた石鹸をつけて洗いたい部分です。

アポクリン汗腺がある脇はもちろん、皮脂が多く出やすい顔、頭も体臭の原因となりやすいためしっかりと洗いたい部分ですね。

清潔なタオルを使って拭く

意外と見落としていることがあるのが、タオルです。

お風呂で体を綺麗にして臭いを落としても、ワキガの臭いのついたタオルを使っていては臭いが移ってしまいます。

ワキガのついた衣類、タオルはそのまま洗っても臭いがなかなか消えないため、ワイドハイターなどを毎回一緒に入れて洗濯をする方法がおすすめです。

お風呂でできる体臭ケアをまずはしっかりと!

風呂上がりにもう脇臭い、体臭がする場合、まずはお風呂でできる体臭ケアをまずはしっかりと行うことが大切です!

・できるだけ湯船に浸かって汗を出す

・ゴシゴシ強く洗いすぎない

・しっかり泡立てて臭いが出やすい部分を洗う

ということができているかを確認してみてください。

またタオルも意外と見落としていることがありますので、臭いの無い清潔なタオルを使って風呂上がりに拭くことが大切です。

ワキガのケア、臭いが出る前、お風呂上がりがケアに最適

ワキガの臭いケアは、臭いが出る前に行うことが大切です。

すぐに臭いが出やすい・・・という場合にはお風呂上がりにワキにデオドラントを塗ったり、制汗剤を使うようにするのがおすすめです。

寝ている時も汗をかいていますから、それによって朝臭いがキツくなるのを防ぐ効果もあります。

特に寝苦しい暑い夜が多い夏は、かなりの量の汗を寝ている間もかいていますよ。

朝、仕事に行く前、さらにワキガケアとして制汗剤・デオドラント、ワキガクリームを塗り直すことで臭いの発生を防止します。

デオドラントシートやしっかり濡らして絞ったタオルで脇を拭き、それからワキガ用の制汗剤、クリームを塗るとより高い効果を得ることができます。

お風呂上がりに使うワキガケアは、肌に低刺激な制汗剤などを使えば、肌荒れの心配も少ないと思います。

お風呂上がりにワキガ対策、寝て起きたら出かける前にワキガ対策をする。

こうすることで、1日しっかりとワキガの臭いケアをすることができます。

風呂上がりにもう脇が臭い場合のケア

お風呂上がりにワキガの臭いがするかも・・・といった場合、心配であれば、誰かご家族に臭いを確認してもらうと良いかもしれません。

お風呂上がりにワキガの臭いがしているのであれば、時間が経って汗をかけば、さらに臭いがキツくなるのは確実です。
(ワキガの臭いを自覚されている方も多いかもしれません)

お風呂上がりに脇がすでに臭いかも・・・といった場合には、お風呂の入り方を変える必要がありそうです。

お風呂で汗腺トレーニングもおすすめ

お風呂で臭いケアを効果的にするのであれば、汗腺トレーニングもおすすめです。

日頃運動する習慣がない人の場合、汗腺の機能が衰えている可能性があります。

汗腺が衰えていると、汗が増えたときに老廃物をまとめて出そうとするために、老廃物の溜まった汗が多量に出ることになります。

すると、キツい臭いを発しやすくなってしまいます。

とはいっても日常的にジョギングスポーツを始めるのも難しい・・・

そこでおすすめが、お風呂での汗腺トレーニングです。

お風呂でできる汗腺トレーニングを2週間ほど続けると、衰えていた汗腺の機能が活発になってくるそうですよ。

汗腺トレーニングの方法

お風呂でできる汗腺トレーニング、汗腺を鍛える方法は、

「手足高温浴」+「ぬるま油での半身浴」

です。

やり方としては、

・湯船に43℃程度の熱めのお湯を張り、手足を温める

・両腕のヒジから下、両足の膝から下を15分程度、温める

この時、湯船に入れるお湯の量によっては、バスチェアを使われると良いと思います。
腰掛けるところがあるお風呂ならそのままできそうです。

・15分ほど経ったら、次は水を足し36~38℃のぬるめのお湯にして15分程度、半身浴

汗と一緒に臭いの原因となる菌、老廃物を流すこともできます。

こうして汗腺を鍛えることで、サラサラの汗が出やすくなりますのでワキガも少しずつ抑えやすくなるのではないでしょうか。

汗をかきますから、お風呂上がりの水分補給も大切です。

汗腺トレーニングで匂いの強い汗を減らしていきましょう。

お風呂あがりに臭い、酸っぱい臭い、体臭の悩みを解消しましょう

お風呂はワキガ対策、体臭対策にとても大切な時間となります。

お風呂は面倒、シャワーも短時間でサッと済ませたい、という方も多いと思いますが、臭いケアをするためにはお風呂の時間を有効に使うことがとても大切ですよ。

とはいっても1時間も2時間もかかりませんから、しっかり湯船に浸かり、丁寧に臭いが出やすい部分を洗うようにしてみてください。

お風呂上がりにデオドラントなどを使うことも、ワキガ臭のケアなどには効果的です。

ワキガ お風呂上がりにワキガクリームを塗る

臭いは発生する前に抑えることがとっても重要です!

ですから、ワキガ対策に良いタイミングは、お風呂上がり。
ワキガ臭が出る前の、清潔な肌にケアをすることができます。

この時に制汗剤・デオドラントを使うことで長時間、臭いを抑えやすくなります。

朝、仕事や学校に行く前にさらにワキガクリームなどを塗り直すと、より効果的です。

ぜひ試してみてください。